体調不良なのに仕事を休むか葛藤した話

日々思う事

こんにちは。はとむぎです。

先日体調が万全でない為、会社をお休みしました。

症状としては頭痛と微熱(37.0℃程度)があり、水曜日の午後から半休を取りました。

今はまだ新型コロナウイルスも猛威をふるっていますので

些細な変化も軽視しない方が良いよな〜と判断しました。

それでも有給休暇をとるのにすごく葛藤して

世間一般では『怪しい中出勤を考えるなんてありえない。』『周りに伝染る事も考えろ。』という意見が当たり前かと思います。

私もそう思っていたのですが、いざ自分が『怪しいかな?』という立場になるとすごく躊躇しました。

なぜ躊躇してしまったのか、その時の状況をお話して自分の中でも整理したいと思います。

水曜日の朝は何事もなく、むしろいつもより疲れ残りも感じず起きる事が出来ました。

そしていつも通り支度をして、いつも通りに家を出たのですが

歩いている時に視界の右側がぼやけて見えにくいような違和感がありました。

その時に持病発覚前によく見えたチカチカの光の様な物を思い出して(その後段々気分が悪くなってくる光)

『うわ〜このままいって大丈夫かな…』『持病悪化してるのかな…』と不安に思いながらもとりあえず歩きました。

そうして駅について電車に乗っていると治まってきて普段通りになりました。

一安心して、会社に着き仕事を始めたのですが何やら頭が重い、痛い様な感じがしました。

ズキズキの痛みと言うより、前頭葉がゴーンと鈍く痛い重い感じです。

私は体調不良があっても半休をとることは今までありませんでした(我慢もできる程度&上司に言うのも面倒な為)

今回は仕事も進まないくらいキツかったので仕事を午前中で済ませて半休をとろうと決めました。(この時も何度か休むか迷いました。)

それでお昼になり上司に報告したら『休みな。』と言ってくれたので半休になりました。

帰りは電車で隣に座った人の洗剤の匂いなどがやけにキツイな〜と思いながら帰りました。

キツかったので車両を変えて座ったのですが、他の人が隣に座っても気になる…。

普段はそんな事もないので『これも体調不良なのかな?』と少し心配になりました。

なんとか家に帰り、体温を測ったら36.4℃と意外にも平熱でした。

それでも頭の重さは続いたのでお昼を食べて寝ました。

『低気圧か生理前なのが原因だろう』と自分の中で考えてました。

次の日の朝は温度は37.1℃。頭痛はまだ完治ではない程度かな?というくらい。

普段なら仕事いけそうな位だったのでその日も『仕事いこうかな…。』と途中まで支度をしてました。

でも彼氏が『微熱ならやめとけば?』と声を掛けてくれて

『確かにこのご時世だしなぁ…。』と思いとどまることが出来ました。(この時もかなり葛藤した。)

『今日はやりたい仕事があったんだよな…』とか『当番の仕事もあるのに』とか『休み連絡するの億劫だな』とか『行こうと思えばいける』とか

『でも無理矢理行っても嫌な顔されるだろうな。』とも思ったり

色々な気持ちが飛び交っていて

『コロナだったらどうするのか』『周りに広めたらどうするのか』という問題を軽視する思考に陥っていました。

休み連絡も4人の上司に『すみません。宜しくお願いします。』と伝え(これが結構面倒くさい…。)

その日はなんとかお休みをもらいました。

上司に自分の仕事をお願いするのもなんだか気が引ける感じがしました。

『明日は月末だし、行けなかったらどうしよう…。』なんて思いながら

夕方頃は37.6℃くらいになり少し焦りました。

その日の夜はやけに寝汗をかいていて

そのお陰か次の朝には頭痛はだいぶ治まり気分も普通になっていました。

ただ、体温は37.1℃といまだ微妙な感じ。

母にも『大事をとってまだ休んだ方がいい。土日で様子見た方が。』と言われ月末だったにも関わらずお休みをしました。

『皆にサボっていると思われないだろうか』

『でも今いっても嫌な顔されるだろう』と

周りを気にして悩まされていました。

休む連絡をいれても『サボってると思われてそう…』なんてネガティブに考え周りも疑心暗鬼。

でも私の会社の上司達は正直いってコロナウイルスを軽視している様にしか見えなくて

そんな風にも思ってしまうんです。

ただ、私も何を言われた訳でもないので

傷つきやすいタイプさ故に、すぐ人を疑うのも良くないな癖だなと思います。

その後、母と久々に連絡をとり日々溜まっていたアレコレを話したら少し気持ちが軽くなりました。

『解熱剤とか飲む程では無いから、とりあえず暑いお風呂に入るとか暖かいスープを飲んで汗をかくとか熱を下げる努力をしなさい。』とアドバイスをもらい

母の安心感と『コロナ収まったらごはんに連れて行こう』と感謝でいっぱいでした。

母の言う通り、今は月曜日に向けて体調を整えていければと思います。

今回色々葛藤して思ったのは

『自分の中では分かっているつもりでも、正常な判断を下せない時もある。そういう時身近な人の意見を聞くことは大切だな』という事です。

『身近な人』というのは本当に自分の事を思ってくれてる人ですね。

親とか友達とか彼氏、彼女とか。

そして『もっと気軽に有給休暇とれる世の中になればな…(泣)』とも思いました。

きっとこういう時期になり同じ様に葛藤している方もいるのではないでしょうか?

そういう方に少しでも共感していただける内容だったなら嬉しいです。

最後まで見て頂き有難うございました。

それでは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました